経営工学

経営工学 経営工学
経営工学

【経営工学キーワード】販売戦略と需要予測

需要予測は従来の数値を踏襲したり、経験や慣例を重視しがち。 しかし、グローバルでの競争が激化し、さらにリードタイムが短くなっている傾向である。 コスト競争も激しく、需要予測の判断ミスは、ビジネスチャンスの機会損失や過剰在庫につながりかねない。 企業の利益最大化のためには、精度の高い需要予測が不可欠となっている。 現在、企業には長期の販売データが蓄積されるようになっており、これらをベースにした需要予測が可能になっている。
経営工学

【経営工学キーワード】損害賠償

損害賠償とは、「債務不履行や不法行為によって、他人に損害を与えた人が、被害者に対してその損害を補償する」というもの。 たとえば他人に大切なものを壊されてしまった場合、被害を受けた人は壊されたものの弁償を要求することができる。 また、交通事故を起こして怪我をしてしまった場合は、経済的な損失に加えて、精神的に受けた損害に対する慰謝料も請求可能。
経営工学

【経営工学キーワード】部門間連携強化

「部門間の連携を良好にし、商品の質を向上させたい」 「部門間連携を強化するため色々と試してはいるが、なかなか効果が出ない。何か良い方法はないのか…?」 と悩んでいる経営者や管理職は多く、部門間の連携を行いながら業務を進めるケースは多々ある一方、その連携が良くない事例は多くあるのが実情である。
経営工学

【経営工学キーワード】TOC(制約条件理論)

TOC(Theory of Constraints:「制約条件の理論」)は、パフォーマンスを妨げている”制約条件(Constraints)”に集中して改善することで、企業全体の業績改善や向上が期待できるマネジメント手法。 簡単に表現すると、全ての課題に対策を打つのではなく、その課題の根本原因となっているごく少数の制約条件に対策を打つことで、最小の手間と時間で最大の改善効果を得られるマネジメント手法と言える。
経営工学

【経営工学キーワード】出稼ぎ労働者の熟練度と勤労意欲

社会のグローバル化に伴い、日本の企業、研究機関等においては、世界に通用する専門知識・技術等を有し、異なる教育・文化等を背景とした発想が期待できる専門的・技術的分野の外国人労働者に対するニーズが一層高まっている。 それは、海外現地での建設や製造を行うプロジェクトにおいて、労働者を現地で調達する場合においても同様である。
経営工学

【経営工学キーワード】活動基準原価計算(ABC)

活動基準原価計算とは原価管理において間接費を適切に管理するための計算方法。 ABCは製造業の間接経費の計算方法として考案されたが、官公庁や自治代などでも取り入れられている。
経営工学

【経営工学キーワード】プライムコントラクター

プライム案件とは顧客と直接契約を交わした案件のこと。 因みに英語のprimeとは「第一等」や「主な」といった意味になる。 顧客から直接、案件の依頼が来た企業をプライム・コントラクタという。 これは案件の元請けという意味になる。
経営工学

【経営工学キーワード】サービスマーケティングの7P

サービスマーケティングの7Pとは、コトラーが提唱した概念。 コトラーはマーケティングの神、または近代マーケティングの父などと呼ばれることもある人物である。 サービス・マーケティングは以下7つのPによって構成される ・Product:製品戦略 ・Price:価格戦略 ・Place:流通戦略 ・Promotion:販促戦略 ・Personnel:人(要員) ・Process:販売や業務の過程 ・Physical Evidence:不安を払拭するための物的証拠
経営工学

【経営工学キーワード】インクルーシブデザイン

インクルーシブデザインとは、高齢者、障がい者、外国人など、従来、デザインプロセスから除外されてきた多様な人々を、デザインプロセスの上流から巻き込むデザイン手法。 インクルーシブデサインは、超高齢社会の様々な施設、プロダクト、サービス、Webなどをデザインするための大変有効な手法と言える。
経営工学

【経営工学キーワード】SECIモデル

SECI(セキ)モデルとは、個人が蓄積した知識や経験(暗黙知)を組織全体で共有して形式知化し、新たな発見を得るための手法である。 個人のもつ知識を全社で共有して、新たな知識を生み出し経営に活かすフレームワークであり、4つの変換プロセスで構成されている。 一橋大学大学院教授の野中郁次郎氏らが提唱し、広義のナレッジマネジメントにおける基礎理論として用いられている。
経営工学

【経営工学キーワード】RFID

RFIDとは「Radio Frequency Indetification」の略で、電波を用いて専用タグの情報を非接触で読み書きする自動認識技術。 商品や食品に電子情報を登録したRFタグを貼り、専用のリーダーで内容を読み取ることができる。
経営工学

【経営工学キーワード】発注方式(定期と定量)

〇定期発注方式とは 発注間隔を毎日、毎週などと予め決めておき、発注量は使用料に応じて毎回異なる方式。 将来の需要量を予測し、当期末の在庫量をフィードバックして発注量を決定する。 〇定量発注方式とは 発注する量は毎回同じで、発注間隔が毎回異なる発注方式。
経営工学

【経営工学キーワード】注文方式・生産量・生産形態

受注生産の場合は、多品種少量生産、かつ個別生産となるケースが多い。 例として、ロケット、大型タンカー、大型建設機械などの製造を想像するとイメージしやすい。 一方、見込生産の場合は、少品種多量生産活、連続生産となるケースが多い。 洗濯機、冷蔵庫、液晶テレビ、デジタルカメラなどをイメージすると分かりやすい。 また、ロット生産は個別生産と連続生産の中間的な生産形態なので、受注生産と見込生産のどちらの場合もある。
経営工学

【経営工学キーワード】在庫回転率

一定期間中に在庫が何回入れ替わったかを示すレート。 例えば1か月の間に在庫が5回入れ替わったら、「5回/月」となる。
経営工学

【経営工学キーワード】混流生産

混流生産は、異なる種類の製品を同一ラインで生産する生産方式。 1種類の製品を1つのラインで大量生産する従来の生産方式と一線を画す生産方式。 機械による自動化がメインな従来の生産方式に対し、混流生産は人手に大きく依存する生産方式と言える。
経営工学

【経営工学キーワード】モーダルシフト

モーダルシフトとは、トラック等の自動車で行われている貨物輸送を環境負荷の小さい鉄道や船舶などに転換すること。
経営工学

【経営工学キーワード】パレート図

「棒グラフ」と「折れ線グラフ」を重ね合わせたグラフ。 棒グラフは各項目の数量を表し(左から降順)、折れ線グラフは累積比率(左の項目からの足し合わせ)で表される。 つまり、棒グラフは右肩下がり、折れ線グラフは右肩上がりとなる。 累積比率は一番右側の 項目で100%なる。
経営工学

【経営工学キーワード】ドローン

ドローンは、無人で遠隔操作または自動操縦が可能であり、かつ重量200g以上の機体と定義される。 2015年の航空法改正によって定義された。 実際には遠隔操作や自動操縦が可能な小型無人機が総称してドローンと呼ばれている。ドローンは、無人で遠隔操作または自動操縦が可能であり、かつ重量200g以上の機体と定義される。 2015年の航空法改正によって定義された。 実際には遠隔操作や自動操縦が可能な小型無人機が総称してドローンと呼ばれている。
経営工学

【経営工学キーワード】スクラップアンドビルド

日本の建物の寿命は欧米に比べ短く、フロー型と呼ばれている。 経済活動では、一定期間に資本が流れる量をフロー、貯まる量をストックと言います。 一方、建物におけるフロー型とは、建物を次から次へと作り出し、より多くの資金を循環させようという考え方のこと。 少しでも老朽化したら取り壊し、新しい建物を建てるのがスクラップアンドビルドの手法。
経営工学

【経営工学キーワード】販売チャネルのオムニチャネル化

オムニチャネルとは、顧客との接点となる"チャネルを複数"用意して、それらを"連携"させることで、顧客の利便性を高め、顧客満足度向上につなげるもの。例えば、ECサイトで購入した商品を、できるだけ早く受け取りたい顧客のニーズに応えるために、最寄りの店舗で受け取ることができるサービスの提供などが該当する。
タイトルとURLをコピーしました